1: Fake News
立つかな?

3: Fake News
キタワァ(゚∀゚*)

8: Fake News
まずは下準備としてソース類を作ります。

まずはトマトソース。

<<材料>>
トマト缶
玉ねぎ
バジル
オレガノ

11: Fake News
>>9
フルコースですー

10: Fake News
まず玉葱をオリーブオイルで炒めます。
no title

no title

15: Fake News
火が通ったら、トマトとバジル、オレガノを入れてソースの完成ですー。
no title

no title

17: Fake News
>>15
うまそう

19: Fake News
そして、ラグーも作ります。
<材料>
ポルチーニ
マッシュ
牛筋
挽肉
セロリ
ニンジン
トマト
ワイン
玉葱
no title

21: Fake News
素人の仕業じゃないなこれ

22: Fake News
まずはニンニクをオリーブオイルで炒め、ニンジン、セロリ、玉ねぎを多めのオイルで炒めます。
野菜の水分が飛んだら、ポルチーニとマッシュを投入します。
no title

no title

no title

23: Fake News
おいしそう

25: Fake News
>>23 ありがとうございますー。
>>24 私は乾燥物をかっていますよー。

別鍋で牛筋を焦げ目がつくまで炒め、火が通ったら挽肉を投入します。
※牛筋の焦げ具合で、色とコクがきまります。
その後野菜鍋と肉を混合します。

no title

no title

no title

no title

26: Fake News
火が通った混合鍋にトマト缶と赤ワインを投入し、水分が飛ぶまで炒めます。
そして、水とブーケガルニを投入します。
※ブーケガルニは市販の出汁取り袋に、ハーブ類を入れて鍋にぶち込めばOKです。

そして、煮詰めます。
no title

no title

no title

no title

27: Fake News
そして、肉料理用のバルサミコソースをつくります。
材料は赤ワイン、バルサミコ、蜂蜜。
これらを混合して煮詰めれば完成です。
no title

no title

no title

28: Fake News
>>27
ハチミツ入れるのか

31: Fake News
>>28 蜂蜜は個人的に大事たと思っていますー。
>>30 トマトとチーズとオリーブオイルさえあればイタリアンw
お手軽ですねw

29: Fake News
下準備には時間がかかります。。。
次はパンツェッタ作りです。
豚肉に砂糖を刷り込み、肉重量の7%位の塩を刷り込み、冷蔵庫で熟成させます。
肉に白い点々が出てきたら食べごろだと思っています。
熟成は2か月くらいかな?

ある程度水分が飛んだら、それ以上水分が飛ばないように、ラードを塗っておけば大丈夫です。
ジップロックという手もあります。
no title

no title

no title

30: Fake News
イタリアンて簡単に作れるのに美味いよな

32: Fake News
やっと本番に入れますw
まずは前菜のミニピザです。

餃子の皮にトマトソースとグラナパダーノ。
もう一つにはニンニクスライスとマッシュスライスとグラナパダーノを乗せオーブンに入れれば完成です。
今回はリクエストがあったので、イタリアンではありませんが、ガレットも追加してみました。
 
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

33: Fake News
全然お手軽に見えないんだが

35: Fake News
>>33
ソース類は冷凍保存できるので、意外に簡単ですよー

34: Fake News
プリモはトマト&ラグーのパスタです。
先ほど作ったトマトソース&ラグーをパスタと混合すれば完成です。
リクエストで特濃にしてありますw
no title

no title

no title

no title

no title

36: Fake News
チーズで太った・・・
イタリアンは麻薬

43: Fake News
>>36
脂肪分高いですからね…。マスカルポーネなんて脂肪分80%以上。。。
恐ろしい。。。
>>41
肉の内部が65℃にならないようにというのが正解です。
低温調理法とかは、この理論に基づいています。
ANOVAとかがあると楽ですよー。高いですが。。。

お次はサラダです。
先ほどのパンツェッタにルッコラ、チーズ、グラナをすりおろして、バルサミコソースを垂らせばOKです。
no title

no title

39: Fake News
セコンドは皆様大好きなお肉!
肉は65℃を超えると固くなっちゃうので、肉を室温に戻し素早く焼くのが肝心です。
肉内部に熱を通し肉汁の流出を防ぐために、牛はアルミホイルに包んでからカットします。

ラムは小麦粉を付けてバター焼きに。
牛はトマトソースにバルサミコと赤ワインを入れてソースを作ります。
no title

no title

no title

no title

no title

no title

45: Fake News
独特なチーズは好きではない。との事でしたので、チーズは省略ですw

46: Fake News
そっかあ、俺は焼きすぎだったかもなあ・・・

49: Fake News
>>46 焼きすぎると固くなるので、焼きすぎないのがコツみたいですよー

48: Fake News
ドルチェはチーズケーキです。
作成写真を入れると、容量が多くなりすぎるので簡単に。
クリームチーズ200g
砂糖40g
卵1個
レモン汁大匙1
牛乳小匙3
薄力粉大匙1
ですー。
no title

no title

no title

50: Fake News
駆け足になりましたが、そんなこんなで完成です!

51: Fake News
やるじゃない(ニコ

52: Fake News
>>51 あざますー!

63: Fake News
>>57 ポレンタ的なものですね!
>>59 もう少し調べてみますー。
>>58 ラザニアはラグーとかが余ったら作ってみます。
>>61 へー。有難うございます。調べてみます。

64: Fake News
ローズマリーのフォッカチャ作ったよ

70: Fake News
>>64
フォカッチャとスープが私は大好きです!よく賄でたべましたw

>>65
片道200㎞キツイですねw
>>66
わたしもそうですw
>>67
基本漬物ですから、大丈夫ですよ。自己責任ですがw
イタリアでは冷蔵庫ではなく、軒先にハンチェッタがぶら下がっていますw
初期の水分が多い時期は、お皿に網を敷いて冷蔵庫に入れることをお勧めします。

93: Fake News
>>88
そんな感じですw

引用元:http://2chspa.com/thread/news4vip/1486260026



クリックお願いします。たくさんまとめちゃいます!