bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    しょうもない小ネタから、役立つ小ネタをまとめお届け
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

      mixiチェック
    1: Fake News
    大学行ったのにライン工は勿体無いって言ってくる
    別に死ぬまでライン工じゃないんやからよくね?
    やりたいことがうまく軌道に乗らなきゃ転職すれば
    いいだけじゃね?
    頭ごなしに「年取ったら雇ってくれねーぞ」って言われる

    いやいや、今の時代実力主義やろ

    【ワイ公務員目指すライン工、他人が内定先に文句言い過ぎてうざい】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    最高やったで

    【リアルドール風俗行ったけど質問あるか?】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    ベジータ「危険物取扱者乙四類だと!?」

    悟空「おめぇしらねぇんか?」

    ベジータ「そんなことこの俺が知るわけないだろう!」

    悟空「チチが取れってうるさくてよー。とにかく勉強で忙しいから組手はできねぇんだ」

    ベジータ「フンッ!自分を認めるのは自分だけだ!資格などくだらん!」

    悟空「そうはいっても勉強も結構おもしれーぞ」

    ベジータ「カカロット!戦闘民族が聞いてあきれるぞ!」

    悟空「オラもいつまでも戦いばっかじゃいけねぇって思ってよ。気や筋肉だけじゃなくて頭も鍛えねーとな」

    ベジータ「チッ!勝手にしてろ!」

    【ベジータ「危険物取扱者乙四類だと!?」】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    資料作りが苦手な人がやっていることは?
    資料作成に苦手意識を持っている人は多いと思いますが、資料作成の「何が」苦手だと考えていますか?

    「きれいな資料が作れない」「パッと見てインパクトのある資料を作れない」などと思っていないでしょうか?

    実はこれらの悩みは、資料作成の本質を取り違えた悩みです。

    いい資料とは、決して「見た目」だけがいい資料ではありません。ここを勘違いすると資料作成のドツボにハマるので、気をつけてください。

    私も、かつては資料作りに悩んでいました。

    しかし、次の5つの行動と決別したとき、格段に資料が作りやすくなり、そして、相手にも伝わる資料になったという実感があります。

    【資料作り 5つのNG行動】
    (1)いきなりパソコンを開く
    (2)デザインにこだわる
    (3)箇条書きツラツラと書く
    (4)「対策」より先に「原因」を書く
    (5)「文章」が多い
    ▼資料作りのNG行動(1)いきなりパソコンを開く
    パソコンのソフトを立ち上げ、内容を考えながら文字を入力し、関連する図表を作成し、そして、細部の見た目もきれいに整えながら進めていく……。

    このように、資料の構成を考えながらパソコンで作業するのは、最もやってはいけないNG行動です。

    パソコン上では、作成途中で「やっぱり、こうしよう」と思ったときに、やり直しが大変です。また、資料の頭から考えながら進めていくと、資料のページ数が予想以上に膨れあがったり、ヌケやモレも発生しがちです。そして、フォントを工夫したり、図表の美しさにこだわったり、「本質的でない細かい作業」に時間をかけてしまったせいで、納期に間に合わず、途中までしかできていない資料を提出せざるを得ない……という残念な結果を招いてしまう可能性もあります。

    現在の私は、資料作成する際に作業分量の8割を手書きで準備しています。

    資料作成時には、やり直し作業がつきものですが、パソコン上でのやり直しはかなり時間がかかります。それに比べれば、手書きでのやり直しは手間がかかりません。

    コンテンツの洗い出し、構成の検討や図の検討までは紙に手書きで行い、パソコンを使う作業は最後だけ、というのが最速で資料を作るポイントです。コンテンツは手書きでほぼ完成していますから、パソコン作業では頭はまったく使わず、文字を清書するイメージでサクサク作れます。

    資料作りのNG行動(2)デザインにこだわる
    資料の見た目がキレイだと、なんとなく「デキる人の資料」のような印象を受けますが、ちょっと読めば、そのメッキははがれてしまいます。

    繰り返しになりますが、資料の本質は「こちらが伝えたいことが、きちんと伝わるかどうか」です。

    グラフをきれいにする、色使いをきれいにする、インパクトのあるチャートにするなどといった資料の見た目をキレイにする作業は、最後の最後、「残った時間」でやればいいのます。見た目にこだわる作業は、キリがありません。「残りの時間で手をつけて、資料の納期が来たらやめよう」くらいの位置づけが適当です。

    とは言っても、簡単に見た目をキレイにする方法もあります。例えば、マトリクスの表は、罫線(けいせん)の引き方と色使いをちょっと変えるだけで見た目がずいぶんと変わります。これは簡単なので、ぜひ一度やってみてください。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/24420

    【パワポで資料を作り出す人は必ず失敗する。8割までは「手書き」で作り込もう 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
     就職情報サイトのディスコ(東京・文京)は21日、2019年卒の新卒採用活動について企業向けの調査を発表した。「学生の質より採用予定人数の確保を優先」と考える企業は8年連続で増加し、4社に1社にのぼった。採用計画人数は18年卒と比べて約3割が増やす方針。売り手市場が続き、企業側の苦境が鮮明になっている。

    採用に際し「学生の質を優先させる」と答えた企業は前回調査で80.0%だったが、今回は74.7%に下がった。一方「人数の確保を優先する」と答えたのは同20.0%から25.3%に上がった。ディスコによると、「質より量」が2割を超えるのは初めてという。

     新卒採用を「増やす」と答えた企業は30.8%で、リーマン・ショック後の11年卒以来8年連続で増加した。一方で金融は18.4%にとどまり、「減らす」は全体の倍近い15.8%に上った。作業を自動化するソフトやAIの導入により、大手銀行は人員や業務量の削減計画を掲げている。

    ■業界・職種絞る就活生多く
     採用活動の見通しは「非常に厳しくなる」と回答した企業が18年卒に比べて9.6ポイント増の45.3%で、「やや厳しくなる」と合わせて88.5%が「厳しい」という結果だった。「学生優位の市場となり、業界・職種を絞った就活生が多い」という企業の声もあった。

     18年卒との変化で「増やす」と回答した企業が最も多かったのは「3月より前の活動」で63.1%で、9割超の企業が3月より前に企業広報を始めていた。エントリーシートの受付開始時期は「3月上旬」が12ポイント増の54%で最多となるなど、経団連が設けた「3月採用広報解禁」から前倒しで動いた企業の増加が明らかになった。

     調査は1月末から2月初旬に全国の主要企業にインターネットを通じて調査し、1311社から回答を得た。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27191220R20C18A2TJC000/

    【新卒採用、4社に1社が「質より量」 民間調査 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      mixiチェック
    1: Fake News
    GMOメディアは2月20日、同社が運営するプログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」と、私塾界が発行する「月刊私塾界」が共同で実施した「プログラミング教育に関する調査」の結果を発表した。

     調査対象は小学生の保護者2056名。男女比は男性51.1%、女性48.9%。年齢は20代が2.0%、30代が19.6%、40代が58.3%、50代以上が20.0%。最終学歴は、四年制大学が42.1%、大学院が6.6%、短期大学が12.6%、専門学校が12.3%、高等学校が21.3%、高等専門学校が2.8%、中学校が1.6%、その他が0.8%。

     まず、「自身のプログラミングについての知識」を調査したところ、「プログラミングの知識はある程度ある(43.9%)」が4割超にのぼり、「プログラミングができる(16.3%)」と合計すると、6割超(60.2%)の保護者がプログラミングについて何らかの知識を持っていることがわかった。ただし、調査対象がプログラミング教育メディアのユーザーであることも、この数字を上げている要因であると考えられる。一方、保護者の約4割が、プログラミングについてよく知らないと答えた。

     次に、「2020年からの小学校でのプログラミング教育必修化の認知度」を尋ねたところ、「必修化されることを知っていた(49.3%)」と「必修化されることを知らなかった(50.7%)」で拮抗する結果となり、保護者の半数がプログラミング教育の必修化を認知していない結果となった。

     続いて、「小学校でのプログラミング教育が必要だと思うか」を尋ねたところ、「必要だと思う(30.8%)」が3割超という結果になった一方で、「わからない(45.6%)」が約半数を占めた。

     また、「必要だと思う」と答えた回答者にその理由を尋ねたところ、「将来役に立つから(60.3%)」が突出する結果となり、続いて「必要性を感じているから(26.8%)」と続いた。一方、プログラミング教育が「必要だと思わない(23.6%)」と答えた回答者に、その理由を尋ねると、「小学生にはまだ早いと思うから(38.4%)」「何をするのかよくわからないから(25.6%)」という項目に回答が集中した。

     昨今では学校の授業だけでなく、民間のスクールやプログラミング教室など、さまざまな場所でプログラミング教育が行われていることから、「子どもにプログラミングを習わせたいかどうか」を尋ねた。

     その結果、「習わせたい(37.7%)」が約4割となったものの、「わからない(47.8%)」という回答も約半数となり、プログラミング教育の必要性同様、保護者の間でもまだ理解や検討が進んでいない様子がうかがえる。また、「現在、子どもがプログラミングを習っているか」を聞いたところ、「習っている(7.4%)」と回答した人は1割未満に留まった。

     「子どもにプログラミングを習わせたい」と答えた回答者に「プログラミングをどこで習わせたいか」を尋ねたところ、「学校の授業で(49.7%)」が約半数を占めて最多となった。次いで「子ども向けITスクール・パソコン教室(19.2%)」となった。「学校の授業で」が多いものの、約半数の保護者は「学校以外」での学習を望んでいることになる。

     今回の調査では、プログラミング教育の必修化に対する認知度が半数程度に留まっていることや、プログラミング教育の必要性についても「わからない」という保護者の方が多いことから、プログラミング教育自体の認知が課題として浮き彫りになる結果となった。

    プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」と『月刊私塾界』 「プログラミング教育に関する調査」を共同で実施 ~プログラミング教育必修化の認知度は約半数~(2018.2.20)
    https://www.gmo.media/archives/1730/

    2/21(水) 17:19
    CNET Japan
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-35114967-cnetj-sci

    【小学生のプログラミング必修化、保護者の約半数が「知らなかった」】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    no title

    【橋本環奈さん「ウサ耳やんけ、つけたら可愛いやろ!w」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    オリンピック出場目前でその夢を絶たれた「下町ボブスレー」。
    そこに至るまでに一体何が?
    独占映像、関係者の証言…そこから浮かび上がる「知られざる真実」とは?

    テレビ東京
    ガイアの夜明け【下町ボブスレーの“真実”】
    2018年2月27日(火)22:00~22:54


    フェラーリ、BMWも参戦、「氷上のF1」ボブスレー。そこに東京・大田区の町工場が技術を結集して挑む「下町ボブスレー」。
    ジャマイカとともに目指すは2018年平昌五輪。しかし、開幕を目前に控え事態は急変する。
    ジャマイカが「下町のソリを平昌で使用しない」と通告してきたのだ。
    そこに至るまでに一体何が?ガイアは10カ月にわたり独占密着。
    独自の映像、関係者の証言から見えてきた「知られざる真実」とは?

    BTC社と比べて「2秒遅かった」…ジャマイカ側が下町のソリに乗らない理由としている比較テストの結果。しかし、そのテストで、カメラはある映像を捉えていた…。
    さらには「封じられた比較データ」も入手。そこには、ジャマイカ側の主張を覆す、ある結果が…。

    https://tv.yahoo.co.jp/program/40854474/

    【ガイアの夜明けが「下町ボブスレーの“真実”」を2/27(火)放送、ジャマイカ側の主張を覆す、ある結果が… 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00000055-sasahi-soci

    正社員、契約社員に派遣社員、嘱託、パートにアルバイト。雇用形態によって職場が分断され、
    アラフォー世代を中心に、非正社員が悲鳴をあげている。

    AERAでは、2月下旬、調査会社マクロミルの協力を得て、20代から50代までの非正規雇用者
    324人を中心に、アンケートを行った。

    非正規雇用者は、企業にとってどんな存在で、どこにメリットがあるのか。寄せられた回答は、
    現職を選んだ理由にかかわらず、総じてシビアだ。

    「いつでも切れる」「安く雇える」「都合よく使える」「使い捨て」

    本意・不本意を問わず、正規・非正規を問わず、ほとんどの雇用者がそう認識しているのだ。

    さらに詳しく回答を見ていくと、不本意非正規では悲痛な声が目立つ。

    「生まれた時から不況世代」という男性(44)は、新卒時、エンジニアとしてIT企業に就職した。
    必死で就活したが就職先は選べる状況ではなく、契約社員として社会に出た同期も多かった。
    3年後外資系に転職したが、数年でリストラされる。

    「以降は派遣社員として、1年ごとの契約を結んできました。年収は280万円ほどで、
    正社員時代に比べて、6割程度に落ちました」(男性)

    車を売り、家賃もセーブ。外食や飲みに行く機会を減らし、以前は月5万~6万かけていた交際費も
    現在は1万円に切り詰めた。40歳を超えると、求人が目に見えて減った。マンションは保証人がいないため
    借りられず、収入や安定性の面で婚活サイトに登録しても相手にされない。

    「非正規は、生活が安定しないし、結婚もできない。非正規になると、50代までずっと不遇な時代が続くと思います」(男性)

    正社員として採用されても、一度非正規になるとなかなか正規に戻れない。病気になってしまえば、なおさらだ。
    現在、作業所に通う男性(36)は、最初の就職がうまくいかず、1週間で退職。その後、自動車メーカーに正社員で
    工業簿記として入社。パワハラがあるなか、無理をして2年半勤めたが、その間に心身のバランスを崩して退職。
    以降、抑うつ症状が出るようになった。現在も、安定した仕事には就けていない。

    多様な雇用形態が入り乱れるからか、時として職場にはひずみが生じる。国立大卒で団体の契約社員の女性(40)は、
    メーカーの正社員営業職として2年勤務し、資格試験勉強のためのブランクを経て、現職に就いた。
    職場の正社員は非正社員よりも意欲もスキルも低い。そのため、女性ら非正社員が多くの業務を負担する。
    正社員の賃金は非正社員の、おそらく2倍以上。

    「『自分たちは総合職だ』という特権意識だけがあって、仕事に対する責任感はとても希薄です」(女性)

    旧世代の価値観の弊害もある。ある契約社員の女性(43)は、こう語る。

    【将来を悲観する非正社員「定年前に死ぬしかない」「安楽死が法整備されること望む」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    http://img.5ch.net/ico/pc3.gif
     今から40年以上前、歌手の故・三波春夫さんによる「お客様は神様です」という言葉が大流行した。観客の心をつかむために
    司会者との掛け合いのなかで生まれた言葉だったが、商店や飲食店の客は神様のように大切に扱うべき根拠であるかのように
    誤解されるようになっていった。しかし最近では、客は神ではない、という考え方が広まりつつある。ネットニュース編集者の
    中川淳一郎氏が、「お客様は神様」の終焉について考えた。

     * * *
     ここ数年、行き過ぎた日本社会の過剰サービスを「辞める・削減する」「適切な対価をもらう」ことがネット上で支持されるように
    なっている。ザッと挙げると「佐川急便、アマゾンから撤退」「ヤマト運輸、値上げ決定」「ロイヤルホスト、24時間営業中止&
    年間3日間の休業日設定」「GODIVA、義理チョコやめましょ運動」「兵庫県のスーパー、恵方巻は昨年実績分しか売らない宣言」
    などがある。

     いずれも深夜で効率の悪い時でも営業せざるを得なかった事業者や、ノルマに疲弊するアルバイト、無駄な出費を強いられる
    女性派遣社員といった人々の苦労を軽減させた方がいいと考える空気が生んだものだろう。

     また、昨年、とあるスーパーの「お客さまの声」には、駐車場で男性同士が手を繋いでいたのを見た客が「見ていて気持ちが悪い」
    「こうした人々を入店させない対策を取ろうと思わないのか? 取らないのならば二度と来ないしネットにそのことを書く」、といった
    意見と宣言が掲載された。これに対し、店側は「もう来ないでください」「皆さま大切なお客さまです。お客さまを侮辱する方を、
    当社はお客さまとしてお迎えすることができません」と返事をし、問題提起をした側を出入り禁止にした。これにはネット上でも
    多数の称賛の声が出た。

     モノが豊かになった1980年代以降、サービス提供者はカネを出す側の「お客様」の言いなりになることこそが良いサービスだと
    思わされてきた。「お客様は神様です」を提唱した三波春夫が本来意図した「ステージを観に来てくれるお客様」を、「どこであろうと
    カネを払う側は神様のようにエラい」と曲解し、モンスターカスタマー誕生に至った。

    全文
    http://www.news-postseven.com/archives/20180219_653010.html

    【「お客様は神様」の時代、ついに終焉へ 過剰サービスを辞める企業たち 】の続きを読む
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    このページのトップヘ