bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    しょうもない小ネタから、役立つ小ネタをまとめお届け
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    • カテゴリ:
      mixiチェック
    1: Fake News
    人工知能(AI)が生活に入り込む時代を当然のように受け入れる「AIネーティブ」。AIに触れるきっかけは義務教育ではなく、ロボットのプログラミングなどへの興味から始まることがあるようだ。AIに使う高度なプログラミング言語を幼少期から学べる教室は国内でも登場している。過熱するプログラミング教育の現場をのぞいた。

     堺市にあるロボット制作のトレーニングスクール「ロボ団」には、午後4時前になると授業を終え…
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25607190S8A110C1000000/

    【共通言語はプログラミング 素顔のAI世代 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    2018年01月15日 アイドル
    (写真)
    アイドルグループ「ももいろクローバーZ」を卒業する有安杏果さん


     アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)を卒業することを発表した有安杏果さんが15日、情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」
    (日本テレビ系、月~金曜午後1時55分)に同グループのメンバーと生出演し「ずっと前から考えていて、やっと言えてすっきり」と心境を明かした。

     有安さんは今後について「一度やめてみて考えていこうと(思う)」といい、「何も決めてないから自由に。一人の女性として家事とかしっかりやっていきたい」と語った。メンバーは「さびしくなるー」と口をそろえていた。

     有安さんは同日、自身のブログで卒業を発表した。21日のライブをもって卒業する。

     ももクロは、2008年に結成。百田夏菜子さん、高城れにさん、玉井詩織さん、佐々木彩夏さん、有安さん、早見あかりさんの6人組グループとして10年5月にメジャーデビューし、
    11年4月、早見さんが脱退したのを機に「ももいろクローバー」から「ももいろクローバーZ」にグループ名を変更した。

    https://mantan-web.jp/article/20180115dog00m200028000c.html

    【ももクロ 有安杏果「やっと言えてすっきり」 生出演のミヤネ屋で心境明かす 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    1月11日、AbemaTV(アベマTV)にて極楽とんぼの加藤浩次と山本圭壱がMCを務める『極楽とんぼKAKERUTV』にて、
    加藤が仮装通貨に対しての意見を述べた。

    この日は、加藤がお酒を飲みながら若者と討論する「いかがわしい夜の東京を駆ケル!加藤酔ってます3時間SP」という企画が開催。
    20代で年収1000万円越えの男子が集うBARにて、仮想通貨についての議題が上った。

    「今この財テクが熱い」というトークテーマの中で、20代男子たちの回答が「仮想通貨」だったことにより、加藤は火が付いた様子。
    加藤に対して20代男子たちが「(仮想通貨)知ってます?」と問うと、加藤は「俺、48だよ。当たり前だよ。そりゃ、日経新聞読んでれば。
    日本の新聞4社、5社読んでんだよ!」とあきれ気味で意見した。

    続けて「ビットコイン170万まで落ちてんな。210万まで行ったけど。どう思ってる?」「ビットコインってもともとの成り立ちわかってっか?お前。
    ビットコインってもともとなんなんだよ」と黙る20代男子に対して質問を繰り広げた。

    ちなみに加藤は、仮想通貨には興味はないそうで「僕はもう現物です。(持っているのは)5、6000万じゃないの?」というポリシーを語った。

    ここまでの話でMCを務めていたパンサーの向井は20代男子をフォローするような立場に回っており、
    ゲスト出演していたインパルスの板倉俊之は「ネタ作ってさ、それで作った金とさ、ギャンブルで稼いだ金とさ、
    同じ価値だと思っているんだったら、俺、向井との付き合い方変えるよ」と、唐突に宣言するというシーンも飛び出した。

    最終的に加藤が、20代男子に「お金ってなんだ?」と質問すると「人に余裕を与えてくれるもの」
    「ゲームをするので、ゲームをするために必要ですね。1日中パソコンゲームしてる。全部課金しますね」という回答が。
    ちなみに、ゲームにお金を使う男子は、月に60万円は課金することもあるという話まで明かしたが、
    加藤は「それでいいんじゃない。それでいいだけだよ」とお金の使い方に対しては、自由でいいと思っている様子を見せた。

    https://abematimes.com/posts/3525707

    【加藤浩次、仮想通貨を知ってるかと聞かれ呆れ顔 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    http://toyokeizai.net/articles/-/204182

    2018年01月13日
    堀内 勉 : HONZ

    ブロックチェーンとは何かを正確に理解するのは難しい。ブロックチェーンとビットコインやイーサリアムの関係、ビットコインというのは一般名称なのか固有名詞なのか、電子マネーと仮想通貨の違いは何なのかなど、個々に考えてみるとよく分からないことだらけである。

    冷静になってみればそれも当然で、ブロックチェーンは生まれたての技術であり、AI(人工知能)と同じように、評価が定まらないだけに、過大評価されたり誤解されたりもしている。

    ブロックチェーンによって世界はどう変わるか

    そもそも、ブロックチェーン技術を発明した「サトシ・ナカモト」なる人物が特定の個人なのか、或いはグループの名前なのかさえ分かっていない。最近では、数学の超難問「ABC問題」を証明したと言われて大騒ぎになっている、京都大学の望月新一教授が開発したという説まで出ているほどである。

    私のような文系人間にとっては、ブロックチェーンの技術的な細部よりも、その全体構造やそれが人類の未来にどう関わっているのかの方に関心がある。そもそも、ITリテラシーが低い人にとっては、技術的なことを細かく説明されても、結局のところ何を言っているのか分からないので。

    そうした中で、先日、Mistletoe社長の孫泰蔵氏がFacebookに『今世界で最もホットで、最もエキサイティングな、新しい時代を創っている子たちに会った』というタイトルで、イーサリアムを生み出した23才の若き天才、ヴィタリク・ブテリンと話したことを興奮気味にアップしていて、そこに本書『信用の新世紀 ブロックチェーン後の未来』が紹介されていたので、直ぐに購入して読んでみた。

    読み始めて直ぐに、この本のタイトル「信用の新世紀」と「ブロックチェーン後の未来」の意味するところが理解できた。ここには、ブロックチェーンの技術的な解説と同時に、ブロックチェーンによって世界がどう変わるかの未来像が示されている。

    そして、特に重要なのは、今流通している法定通貨がデジタル通貨に置き換わるという単純な話ではなく、我々が寄って立つ貨幣経済とその前提にあるマネーそのものが急速に衰退していくことが予見されていることである。

    »次ページ 貨幣が衰退すれば、金融が衰退する
    (リンク先に続きあり)

    【ビットコインは「物々交換の時代」を切り拓く】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    東京都立井の頭公園(武蔵野市、三鷹市)の井の頭池に生息する水鳥・カイツブリの繁殖が盛んになっていることが、
    認定NPO法人「生態工房」(武蔵野市)の調査でわかった。

     池では水を抜いて水質を改善させる「かいぼり」を実施しており、
    在来種のエビや小魚などの餌が豊富になったことが要因とみられる。
    関係者は「本来の生態系に戻れば」と期待を寄せている。

     井の頭池のかいぼりは、水質浄化と外来種の駆除を目的に2013、
    15年度と2回実施。先月末からは3回目が始まり、13、14日は池の生き物を都民らが捕まえ、
    外来種と在来種により分けるイベントが行われる。

     同園で野鳥の調査などを行っている生態工房では、2回のかいぼり後の16、
    17年の繁殖期(4~8月)にカイツブリの調査を実施。
    17年は6つがいの繁殖行動が確認されて33羽のヒナが誕生しており、16年を13羽上回ったという。

     かいぼりによりオオクチバス(ブラックバス)やブルーギルといった肉食の外来魚が減少。
    カイツブリの餌となるエビ類やモツゴなど小型の在来魚が増加したことが、繁殖数が増えた要因とみられるという。

     同法人職員、八木愛さん(29)は「餌のレパートリーも増え、
    カイツブリにとってより餌を得やすい環境に変わってきた」と分析。
    「ただ水辺に生育するヨシなどの植物が不足しており、
    カイツブリが身を隠しながら子育てできる環境はまだ整っていない。
    今後も継続的に調査していきたい」と話している。

     ◆カイツブリ=小型の水鳥で全国に分布。水に潜って小魚などを捕まえる。
    湖沼で草などを積んで「浮巣」を作って繁殖。初夏になると、ヒナを背中に乗せて泳ぐ姿も見られる。

    画像:エビを捕まえ、ヒナに食べさせるカイツブリのペア(2017年6月13日、井の頭池で撮影)
    no title


    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/eco/20180113-OYT1T50039.html

    【「かいぼり」効果、井の頭池で水鳥の繁殖盛んに 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
     女性5人組グループ「ももいろクローバーZ」の有安杏果(21)が15日、今月21日のライブをもってグループを卒業することを発表。
    有安は同日で所属事務所やレコード会社との契約も終了することが明らかになった。

     所属事務所は公式サイトで「本人の“普通の女の子の生活を送りたい”という想いを尊重し、同日、弊社との専属マネジメント契約も終了することと
    いたしました」と報告。「日頃より応援してくださるファンの皆様並びにお世話になっております関係者の皆様に対し、このように突然のご報告と
    なりまして誠に申し訳ございません。ご迷惑をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げますとともに、これまで有安杏果を応援してくださいました
    皆様に心より感謝しております」とし、「2018年1月22日(月)以降、ももいろクローバーZは、百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏および
    高城れにの4名で引き続き芸能活動を行ってまいります」とした。

     また、グループと契約するキングレコードも有安について「マネジメントである株式会社スターダストプロモーションとの契約終了に伴い、
    弊社とのアーティスト契約も終了することといたしました」と公式サイトにコメントを発表した。

     有安はこの日、自身のブログで「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、
    わがままを受け入れてもらいました」などと卒業を電撃発表した。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000079-sph-ent
    no title

    【ももクロ卒業の有安杏果、所属事務所レコード会社と契約終了】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
     アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が12日、グループのマネジャー・川上アキラ氏が司会を務めるテレビ朝日のインターネット放送
    「川上アキラの人のふんどしでひとりふんどし」に生出演。有安杏果(22)の卒業について、百田夏菜子(23)玉井詩織(22)佐々木彩夏(21)
    高城れに(24)が心境を語った。

     冒頭で「突然のお知らせになってしまい申し訳ございません」と有安がファンにお詫び。「ファンの方をびっくりさせてしまっていると思うし、
    あと1週間しかないということで本当に申し訳ない。残りの1週間、いつも通りのももクロらしく笑顔で最後まで突っ走っていきたい」と話した。

     メンバーには昨年末、自身の口から卒業を告げたという。玉井はその瞬間を振り返り「卒業を聞いて、みんな言葉が出てこなかった」としばらく
    沈黙の時間が流れたと告白。「5人のももクロのイメージがあるから心配だけど、杏果の人生はこれから。杏果の人生は杏果が決めるべきだから、
    尊重したいと思っている」と心境を述べた。

     佐々木は卒業を聞き、「もっと早く言ってほしかった」という言葉を有安にぶつけたという。だが、現在は卒業を受け入れられていると明かし、
    「私たちも“モノノフ”の皆さんと一緒で不安で寂しい気持ちはあるけど、私たちが下した決断がこういう形だったということは分かってほしい」と
    呼びかけた。

     高城も「何を言っているんだろう。理解できないと思った」と卒業が受け入れられなかったと告白。「でもいろいろ考えて、だんだんと
    受け入れられるようになった。今度は私たちが先導して、“モノノフ”たちが理解できるようになるまで寄り添いたい」と現在の心境を語った。

     リーダーの百田は「グループだけのことを考えたらやめてほしくないと思う」と率直な思いを告白。「でも、同じ世代の女の子として、一緒に
    仕事をしてきた仲間として大変さも分かる。今は(卒業が)決まっていることだから笑顔で送り出したい。杏果の言葉から覚悟が決まっていることが
    伝わってきたから、心から応援してあげたい」と“戦友”にエールに送った。

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/15/kiji/20180115s00041000238000c.html
    no title

    【ももクロ佐々木彩夏「(卒業)もっと早く言ってほしかった」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    「週刊文春」編集部

    平昌五輪SOS――チケット売れず、ホテル埋まらずの実態
    文大統領は安倍首相に「来て」と懇願

    source : 週刊文春 2018年1月4・11日号

    文大統領のサイン入り時計付チケットも c共同通信社

    「焦りを通り越してもはやパニックです」。来年2月に迫った平昌五輪をめぐる文在寅政権のドタバタ劇を、ある韓国人ジャーナリストはそう評した。北朝鮮情勢が不透明な中、世界からは参加を躊躇する声があがり始めた。大統領が笛吹けど踊る者なき開催国の惨状。

    ◆ ◆ ◆

     状況を考えれば、それは異様な一言だった。

    「平昌五輪に来てくださいね」

     韓国の文在寅大統領が安倍晋三首相に、電話でそう“懇願”したのは、11月29日。この日、北朝鮮が日本の排他的経済水域内に弾道ミサイルを発射したことを受けての緊急電話会談でのことである。

     国際社会が北朝鮮への制裁圧力を強める中、韓国は北朝鮮への人道支援を続けているが、この会談中、文大統領が、そのことに触れることはなかった。

     安倍首相は、思わず周囲にこう漏らしたという。

    「慰安婦合意とか、国家間の約束も守らないのに。厚かましいよね」

    安倍首相も渋い顔 c共同通信社

    http://bunshun.jp/articles/-/5727

    【安倍首相「慰安婦合意とか、国家間の約束も守らないのに。厚かましい」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    東証1部上場企業の6人に1人がバブル入社組
    30年前のバブル期(1988~1992年)に大量採用された世代が、今年48~52歳という「リストラの適齢期」を迎えはじめた。

    当時は例年の定員枠の2倍増で採用する企業も珍しくなかった。採用担当者は大学名に関係なく、学生の確保に駆けずり回ったものだ。

    その結果、バブル崩壊後の採用減などによって「バブル入社組」は社員の人口構成上、突出したボリュームゾーンになってしまった。『日経ビジネス』(2015年8月3日号)の調査によると、売上高1兆円を超える東証1部上場企業の6人に1人がバブル入社組だという。

    ▼キャリア30年 貴重な戦力だが「余剰だから切ろう」
    とはいえ現在は人材不足が顕著であり、経験豊富なこの世代は貴重な戦力のはずだ。50歳といえば、定年後再雇用を含めて65歳まで15年もある。彼ら・彼女らを再活性化し、企業の成長に貢献してもらうかを考えるのが経営者の役割でもある。

    ところが、この世代を「お荷物扱い」する企業もある。中高年世代のキャリア開発研修を手がけるコンサルタントはこう語る。

    「業界によって違いますが、総論としてはバブル世代を活かさなければいけないという認識が広まり、活性化に取り組む企業が増えています。しかし、各論ではモチベーションや能力が停滞している人をどうするのかという問題が論点になると、『余剰だから切ろう』という会社もあるのが現実です」

    三越伊勢丹HD「退職金に最大5000万加算」の背景
    実際、リストラに着手する企業が続出している。

    百貨店大手の三越伊勢丹ホールディングスは、昨年11月7日、中期経営計画の柱の一つとして同社の早期退職制度である「ネクストキャリア制度」を充実させ、今後3年間で800~1200人の応募を想定していると公表した。

    ポイントは応募対象者の年齢を従来の50歳から48歳に引き下げたことだ。その年齢の社員には通常の退職金に最大で4000万~5000万円を加算するという大盤振る舞いだ。

    これは、明らかにバブル入社組をターゲットにしたものだが、同社の杉江俊彦社長は記者会見で「不安を感じる社員に選択肢を示すのが会社の義務」とし、「最終赤字を覚悟してもやり遂げることがV字回復につながる」と語ったと報道されている。

    何やら社員のためを思った施策のようにも見えるが、結果として会社の収益重視の姿勢があぶりだされた形だ。

    ▼今は昔「社員のクビを切るなら経営者は腹を切れ」
    リストラに踏み切ったのは同社だけではない。昨年9月から11月にかけ下記の大企業が早期退職者の募集を相次いで発表した。

    ●半導体検査器具製造の日本電子材料。対象は「50歳以上かつ勤続1年以上の社員」。
    ●製紙大手の大王製紙(募集人数:100人)。対象は「40歳以上60歳未満かつ勤続3年以上の総合職一般社員と、60歳未満かつ勤続3年以上の管理職」。
    ●製薬大手の大日本住友製薬。対象者は生産本部に所属する「45歳以上かつ勤続5年以上社員」。*同社は2016年夏にも募集し、295人が退職している。

    1999年にトヨタ自動車の奥田碩元会長が「社員のクビを切るなら経営者は腹を切れ」と述べて経営者の責任を厳しく追及したが、今ではリストラは当たり前になっている。しかも、その対象になるのは決まってバブル世代を含む中高年だ。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/24176

    【バブル入社組を30年放置した企業のツケ。退職金5000万加算 】の続きを読む

      mixiチェック

    ヤマゼン(山善) たこ焼き器(着脱プレート式) YO-A024E-R (YOA024E)

    価格:1,965円
    (2018/1/14 17:57時点)
    感想(0件)

    【シュウマイの超簡単な作り方】の続きを読む
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    このページのトップヘ