bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    しょうもない小ネタから、役立つ小ネタをまとめお届け
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

      mixiチェック
    1: Fake News
    バンコクの風俗店「ビクトリアシークレット」が人身売買で摘発

    タイ特別捜査局はタイ軍と共に2018年1月12日、バンコク・ラマ9世通りにある大型マッサージパーラー「ビクトリアシークレット(Victoria’s Secret)」を、12歳の少女が人身売買の被害にあっているとの通報を受けて手入れを行ない、売春容疑で接客係の女性113名と人身売買容疑で責任者の男性1名を検挙しました。
    なお検挙された女性の中にはミャンマー人やラオス人に中国人、18歳未満の少女も含まれていました。

    13日には捜査により、警察官の所属と名前が記載された割引利用者リストが発見され、「ビクトリア・シークレット」を管轄するワントーンラーン署の署長ら5名が移動処分となりました。
    なお今回の手入れは、ワントーンラーン署を外して行われたとのこと。

    なお2016年にはラチャダーピセーク通りのマッサージパーラー「ナタリー(Nataree)」も同様の摘発を受けて、閉店しています。

    タイランドハイパーリンクス
    http://www.thaich.net/news/20180115vs.htm
    no title

    【バンコクの風俗店「ビクトリアシークレット」が人身売買で摘発 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    グラビアのお仕事のこと
    ―― 最初にテレビ出たのっていつですか。

    吉岡 一番最初は私、実は地元でローカルドラマに出てるんですよ。それは、10代の頃、事務所に入る前で。その2年間って、もう片っ端からなんでも色んな仕事をやっていて。ヘアカットモデルもするし、小劇場も出るし、インディーズ映画も出るし。そのひとつがインディースドラマ。学生たちだけで作ったドラマです。

    吉岡 KBSだったと思います。そこでドラマ(『ショート・ショウ』第1話「サティスファクション」)に出してもらってて。それがたぶん初めて電波に乗った瞬間だったと思います。

    ―― その頃は何でもやってたとおっしゃられていましたけど、事務所に入って、グラビアもやられたじゃないですか。その時、抵抗があったそうですね。

    吉岡 グラビアの話、なんかどんどん違う方に話が拡散してて、すごく困ってるんです。全然言いたいことと世間で書かれてることが違っていて。初めは戸惑いもあったけれど、グラビアの仕事ができて、今思うとすごく感謝してて、この仕事をしてる人たちにリスペクトがあるという話をしたのに、「嫌だった」ということばっかりバーッと書かれてしまって。こうやって知らない間に違う情報が流れてくんだと、ほんとにショックでした。初めてグラビアのお仕事を頂いた時は、その瞬間は確かにやったことないし、やる予定もなかったので、動揺したんですけど、でもやっぱりやればやるほど、やりがいを感じているんです。担当してくださった編集部の人も、今でもずっとつながりがあって。昨年も一緒に仕事をして、一番の応援者でいてくださっている人たちです。

    あの時間がなかったら今の自分はない
    ―― 事務所の先輩にも、グラビアから女優という道を作った、酒井若菜さんがいらっしゃいますね。

    吉岡 朝ドラに酒井さんが出られていた時にご挨拶に行ったことがあって、そこで「頑張ってね」「応援してる」って言ってくださって、すごく嬉しかったですね。酒井さんの現場とかも勉強しに観に行ったこともあるんですよ。

    ――吉岡さんにとってグラビアのお仕事は、一言で言うとどんなものだったんでしょうか。

    吉岡 カメラマンさん、ヘアメイクさん、スタイリストさん、そこで出会った皆さんとは、切っても切れない繋がりができました。本当にかけがえのない人たち。グラビアの仕事をさせていただいたことは今でも感謝してるし、あの時間がなかったら今の自分はない。そのぐらい、やってよかった仕事だと、胸を張って言えます! 

    そして同時に、間違った情報で、関わった方やグラビアを見て応援して下さっている方達を悲しませてしまい本当に申し訳なく思っています。こうやってテレビや映画に出させて頂ける様になって深く思うことですが、言葉には良くも悪くも絶大な力がある。違う意味、時には正反対に解釈されることもある。自分の発する言葉に対して、責任を持ち真摯に対峙しなければと日々考えさせられています。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00005835-bunshun-ent&p=1

    吉岡里帆
    http://amd.c.yimg.jp/im_sigggVxU9fMDhNJgukAA9JcUlw---x900-y599-q90-exp3h-pril/amd/20180116-00005835-bunshun-001-2-view.jpg
    no title

    【吉岡里帆、グラビアの仕事「やってよかった仕事だと、胸を張って言えます!」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    http://toyokeizai.net/articles/-/203666?display=b

    2018年01月14日
    塚田 紀史 : 東洋経済 記者

    最後の大量採用世代「バブル入社組」が50歳を超え、人生の岐路に立たされている。『バブル入社組の憂鬱』を執筆した人事・組織コンサルタントの相原孝夫氏に詳細を聞いた。
    バブル世代対氷河期世代のような構図

    ――バブル入社組は、会社で大きな「人材の塊」になっているはずです。

    世代的特徴として、「コミュニケーション能力が高い」と評される一方、「根拠なく楽観的」「見栄っ張り」「会社に依存」ともいわれ、ひとつ下の世代、手堅い意識を持つ「氷河期世代」と鋭く対立することもある存在だ。

    ――最近、元気がないとか。

    50歳が近づいたころから、元気がない。役職定年が50歳程度まで下がった会社が増えている。その年齢で無役職や部下なし専門職になる。最近は、年上の部下や年下の上司が当たり前の状況になってきてもいる。60歳から再雇用され65歳定年としても職業人生として先はまだ長い。あと10~15年どうやっていくか。

    ――人数自体は多い。

    1つのチームの半数までがバブル世代とその上の世代という職場はいくらもある。これまでのようにリーダーの下は年下のメンバーといった統治しやすい状況ではなくて、半分ぐらいがシニアで、女性社員も少なくなく、場合によっては外国人がいて、非正社員もいる人員構成だ。ダイバーシティが進み、かつてとは比べようもなく複雑さを増している。

    ――個々のチームのマネジメントでさえ大変。

    年次の最上位に元気のない人が大量にいるのは企業としても思いのほか大きな問題だ。ただ、今はまだ本格化前の段階で、チームに高度なマネジメントが要請されているものの、バブル世代のひとつ下の氷河期世代が優秀だから何とかやっていけている。

    ―両世代のぶつかり合いが厳しいともいわれます。

    バブル世代と氷河期世代は折り合いが悪い。少し前、バブル世代が課長職で、氷河期世代が管理職手前ぐらいの状況のときは比較的問題はなかったが、年代が少し進みバブル世代が部長、氷河期世代が課長となったころから関係性が悪くなった。課長は現場の指揮官であるから氷河期世代が発言力を持つ一方で、バブル世代が上にけっこうな数いて邪魔だという構図だ。

    バブル世代はまだ存在感を発揮したいところがあり、軋轢は強まる。採用が一気に絞られた氷河期世代は優秀といわれていて、同時にプライドも高い。その一方で大量採用のバブル世代は優秀でないとも思われていて、バブル世代対氷河期世代のような構図ができてしまった。

    ――世代対立の構図ですか。

    バブル世代の部長、課長がもうじき役職定年になって本格的に降りる。そうなると、氷河期世代が課長や部長になったその下に、無役職の先輩社員が入ってくる。これがまた厄介だ。

    バブル入社組の評判を落としている張本人は氷河期世代なのだ。「ゆとり世代」はぐーんと離れているので当時者意識がないし、その上の「新人類世代」はバブル世代と近しいので仲がいい。

    氷河期世代にバブル世代の評価をアンケートすると、「優秀な人もいる」との返答がけっこうある。「いる」の言葉には、多くはそうでないという若干見下した感がある。確かにバブル期の就職は就職氷河期と異なり実力以上の会社に入れた。わずか1年程度の違いでとの思いもあるようだ。

    「根拠なき自信」と、「根拠のある自信」

    ――バブル世代は嫌われ者?

    バブル世代の一番の特徴に「根拠なき自信」がある。本人たちは「根拠のある自信」と思っている。以前こうして成功した、また同じようにしたら成功するだろうという経験だ。実証済み、体験済みの根拠というわけだ。

    確かに入社した当初の数年は自由度が高く、いろいろな取り組みができた。たとえば新規事業開発で、いきなり企画畑の自由な発想でのチャレンジをしたり。入社数年での体験は色濃く残る。当時は新たなチャレンジこそが仕事だと思えた。それは「根拠なき自信」の裏付けになり、氷河期世代やもう一つ下のゆとり世代をチャレンジしない連中と見なしがちになる。
    (リンク先に続きあり)

    【バブル世代が会社で煙たがられる理由】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    「岡三マン」。株取引のための情報ツールとしてソーシャルメディアが浸透するなか、独特の存在感を放つ発信者だ。相場に影響しそうなニュースをいち早くツイッターにつぶやく彼のフォロワーは2018年1月時点で12万人超。約2年前と比べて3倍に増えている。
    .
    岡三マンは、企業やテロ、災害まで、株価に影響を与えるニュースをつぶやく。たとえば昨年12月20日、午前0時44分のビットコイン関連のニュースに始まり、午後11時46分の九州地方で起きた地震まで、間断ない投稿は111件にのぼった。世界的に盛り上がっている仮想通貨関連の投稿は33件確認された。水戸証券投資顧問部の酒井一チーフファンドマネージャーは「どうしてそんなに速いのか」と驚きを隠さないが、午前10時10分の日銀オペ、午前10時15分の人民元の対ドルレートを毎日欠かさないことや、週末や夜中もつぶやき続けることで、何らかの自動運転プログラムが使われていると憶測する声も多い。
    .
    少々エピソードは古いが、日本銀行が初のマイナス金利導入を決めた16年1月29日。発表をめぐって日経平均株価が1000円弱、ドル・円相場が3円弱の乱高下となった。発表15分前に日本経済新聞のホームページに掲載された「マイナス金利導入を議論」のヘッドライン画像を岡三マンがツイートした際には「この投稿のおかげで命拾いしました」といったコメントが残されていて、フォロワーの間では取引する上で必要なツールとなっていたことがわかる。
    .
    マーケットに影響力のあるニュースの転伝が速いことで、短期売買を繰り返す「イナゴ投資家」の間で岡三マンは重宝されているという。デイトレーダーになって12年という村上直樹氏は「いまやトレーダー業界では必須の存在」と話す。速報アプリニュースダイジェストを開発したJX通信社の米重克洋代表取締役は「彼に勝る人はソーシャルメディア上にはいない」といい、つぶやくニュースの選択眼に感心する。

    しかし「中の人」の正体は不明。黄色い安全ヘルメットをかぶったプロフィール画像から判断して男性の可能性は高いが、兜町界隈で取材を重ねても、その姿を知る人にまだ巡り会えない。謎だらけなほど、その存在は人の探究心をかき立てる。先述の米重氏は彼の年齢を40-50代と想像する。ときおりつぶやくギャグやダジャレに「世代差を感じる」ためだ。自嘲的だが、ブルームバーグが確認できたのは岡三証券が「当社とは一切関係ない」と認めたことのみ。岡三マンからの返事は残念ながらまだ届いていない。
    .
    大きな影響力はときにリスクと背中合わせ。16年11月、岡三マンは「黒田が辞任に関し緊急会見」とつぶやいた。金融市場が急な発言に混乱する中、岡三マンは2分後に「広島カープの黒田博樹選手引退会見」の画像をツイートした。

    岡三マン ツイッター
    https://twitter.com/okasanman

    配信1/15(月) 1:00
    Bloomberg
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-45600001-bloom_st-bus_all&p=1

    【兜町で存在感、正体不明の「岡三マン」とは 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    https://jp.reuters.com/article/markets-bitcoin-breakingviews-idJPKBN1F40GJ

    2018年1月15日 / 06:51 / 11時間前更新

    Edward Chancellor
    [9日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ビットコインなどの仮想通貨が投機的な熱狂を巻き起こしていることは、誰の目にも分かりやすい。より難しく、重要な問題は、この種の暗号通貨には、実際の「貨幣」としての未来があるのだろうか、という点だ。

    主要中央銀行のバランスシートが激しく肥大化しており、政府債務の増大に加え、超低金利政策がもたらす多くの副作用によって、伝統的な通貨の安定性が脅かされる中で、仮想通貨にそんな未来があるという考えは魅力的に聞こえるだろう。

    だが、ビットコインを筆頭とする仮想通貨は、貨幣ではなく、根本的な変化がない限り、今後も決してそうはならない。

    ビットコインは、本来の通貨が持つべき特性の多くを備えている。分割したり、蓄えることが可能であり(怪しげな仲介業者に預託してしまい、その責務が虚空に消えてしまう場合を除くが)、譲渡することもできる。そして、供給も限定されている。

    貨幣は、過去にさまざまな形態を経てきたとはいえ、1つの社会的技術に過ぎない。ポール・アインツィヒが70年前の著書「Primitive Money(原始的貨幣)」で紹介した、過去に貨幣の役割を果たした奇妙な貨幣の例としては、酒のジンやジャム、マルベリーケーキ、ねずみ取り(コンゴでの例)、キツツキの頭皮などが挙げられる。

    私たちが現在使っている貨幣のほとんどは、すでに銀行における電子帳簿上の費目として、デジタル形式で保有されている。第1印象としては、分散型台帳データベースを持つビットコインは、単に、現代の金融テクノロジーの発展型のようにもみえる。

    暗号通貨の熱心な支持者は、さらに大きな希望を持っている。暗号通貨によって、国家が統制する貨幣の時代は終焉を迎える、と彼らは主張しているのだ。この考えは、オーストリアの経済学者フリードリヒ・ハイエクに倣ったものだ。

    貨幣の脱国営化を構想したハイエクは、それがインフレとデフレの双方を終わらせ、失業問題を解決し、安易に紙幣増刷する中銀を廃止することで、政府による統制が限定されると考えた。何も不都合な点はなさそうだ。

    問題は、ビットコインの熱心な支持者が、貨幣の特性とその本質を混同している点にある。これは難しいテーマだ。主流の経済理論では、貨幣とは何かという点にほとんど触れないまま、単に物々交換の手間を省くための仕組みだと想定している。

    紙幣が金との兌換性を保っていた時代には、ほとんどの人が、貨幣には、貴金属である金が持つ本質的価値があると信じていた。だが、18世紀初頭に起きたミシシッピ会社「バブル事件」の元凶となったジョン・ローが指摘しているように、「商品を交換する際の価値基準が貨幣なのではなく、貨幣という価値を求めて商品が交換される」のだ。
    (リンク先に続きあり)

    【【仮想通貨】ビットコイン、「リアルマネー」に絶対ならない訳 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
     有安杏果の卒業が発表されたももいろクローバーZが15日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に生出演し、有安は「一人の女性として、家事とか勉強したい」と笑顔を見せた。

     東京のスタジオから登場した5人に対し、宮根誠司は「有安さん、引退するんですか?」と質問。
    有安は「はい」と即答。続けて「急にというか、ずっと前から考えていたので、正直、やっと言えた、
    スッキリしたというのが今の気持ちです」と晴れやかな表情で訴えた。

     そして「芸能界で22年間ずっとやらせて頂いて、1度距離を置いて普通の女の子の生活を送ってみたいと
    想った」と引退の理由を説明した。

     他のメンバーは知っていたのかという質問に、百田夏菜子は「知ってました。みんなに教えてくれたので
    年が明ける前から知ってました」と説明。他のメンバーも「寂しいです」「だいぶ寂しい」と訴えた。

     今後については「逆に何も決めてない」と笑顔の有安は「決めてないからこそ、すごく自由で
    いろんな道開けてるなと思っている。まずは普通に一人の女性として家事とか勉強したい」と語っていた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000088-dal-ent

    【ももクロ有安が引退を生報告「一人の女性として、家事とか」 】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
     「突発的に決められるようなことではないので、たくさん悩んで、たくさん苦しんで、しんどい思いもしました。やっと言えて、少しほっとしています」。

     15日、自身のブログでグループ卒業を発表した「ももいろクローバーZ」の有安杏果が、AbemaTV『AbemaPrime』に緊急生出演、今の心境を語った。

     他のメンバーとともに揃ってスタジオ入りした有安は、まず「発表して初めてファンの前に立ちました。ファンの方に囲まれながら話すのはドキドキします。
    ずっと前から決めていて、年末のライブでも、これで最後になるんだ、後悔のないようにという思いでいました。ファンの方にも早く伝えたいなと思っていて苦しい部分が
    あったので、やっと今日言えて、少しほっとしました」と、東京・六本木のスタジオ前に駆けつけたファンのたちに一礼。

     「物心ついたときにはこうやってカメラの前にいるような生活をしていて、気づけば芸能生活22年。ちょうど1年前に大学を卒業したんですけど、同級生の子たちが
    就職して新しい一歩を踏み出していくのを見て、ももクロを卒業して、社会人として、1人の女の子としてまだまだ至らない部分もあるので、そういうところを
    身に着けていきたいなって思いました。“辞めたら何するの?“ってファンの方も思っていると思いますし、今日の取材でも、ほとんどのマスコミの方に聞かれたんですが、
    本当に決まって無くて。逆に決めたら、それが義務になってしまうというか、それが嫌なので。でもこれからは、今まで普通の女の子がやってたこと、
    今まで私ができなかったことをやってみたい。普通に規則正しい生活を送って、健康的な日々を過ごしたいなって思います。まずはゆっくりしたいです(笑)」

     有安がメンバーに卒業の意向を伝えたのは去年のことだったという。

     「事務所の方に“この日に言うよ“って言われて、お仕事が終わったあとにメンバーに伝えました。仕事をしている間は集中していましたが、終わった瞬間から
    部屋に行くまでは、“ああ、今日言うんだ“っていう気持ちになって。みんながどんな反応をするかわかんないですし、すごくドキドキしました」。

     突然の告白に、黙り込んでしまうメンバーも居たという。

     「本当に恥ずかしいことに、年上の3人が黙ってしまって。切り込んだのは最年少の佐々木でした。動揺もしたし、できることなら続けてほしいと言ったんですが、
    私たちに話してくれた時には決断していたことなので。それよりも、まだ22歳、人生のスタートに立ったばかりなので。毎日一緒にいて、家族よりもメンバーで
    いることが多かったので、杏果の気持ちが分かる部分もあって。尊重したいなと思いました」(玉井詩織)。
     「早見あかりが卒業するときも、あーりんだったね。私はびっくりしちゃって、1時間半くらい何も喋れなかったです。他のメンバーが話しているのを黙って聞いてて、
    自分の中で徐々に前向きに持っていけたかな」(リーダーの百田夏菜子)。
     「また私から行くやつかなって思いました(笑)。杏果の同世代として、気持ちもわかるし、周りにも就活してる子がいたし、そういうことを考える時期かなとも
    思いました。でも5人で続けていきたい気持ちもあったので、色んな話をしました。(早見あかりが卒業を明かしたときのように)部屋のどこかでカメラが回ってはいないか、
    一瞬探しました(笑)」(佐々木彩夏)。

     1時間半の沈黙のあと、百田が有安にかけた言葉は「ももクロらしく、残りを楽しい時間にしようね」というものだったという。

     「全部飲み込んだ中で出てきたのが、その言葉。受け入れてくれて嬉しかったです」「伝えたら率直な思いをぶつけてくれて。逆に8年間やってきて、“わかった“
    みたいな感じで、すぐ終わっちゃうようだと悲しいので(笑)。たくさん話し合えてよかったです」(有安)。

    以下全文 AbemaTIMES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010022-abema-ent&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010022-abema-ent&p=2
    no title

    【百田夏菜子「1時間半、何も喋れませんでした」ももクロメンバーが生出演で心境を告白 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      mixiチェック
    1: Fake News
    「我々は非常に素晴らしいおもてなしと料理のディナーを用意し、『ごちそうします。どうぞお越しください』と招待している。招待に応じるかどうかは、相手に任せるしかない」。

     日本オラクルのフランク・オーバーマイヤーCEO(最高経営責任者)は2017年12月に開催された記者会見で、「パートナーのクラウドシフトをどう促すのか」という質問に対し、こう回答した。記者会見は日本オラクルのクラウドサービスを紹介するイベント「Oracle CloudWorld Tokyo 2017」の会場で行われたものだ。

     オーバーマイヤーCEOの言う「非常に素晴らしいディナー」とは、オラクルが提供するクラウドサービスと、その導入を支援するためのパートナー向けのプログラムのことを指す。オーバーマイヤーCEOは「パートナー企業には、当社の社員と同じレベルのクラウドの知識を持ってほしい」と話しており、そのために充実したパートナー支援策を用意しているという。

    冒頭のオーバーマイヤーCEOの発言を直接的な表現にすれば、「日本オラクルは、パートナーがクラウドシフトを実行するために、十分な支援体制を用意している。またオラクルが提供するクラウドサービスにも自信がある。いよいよパートナーが、オラクルのクラウドのパートナーになるかどうかを決める段階に来ている」ということになる。

     このオーバーマイヤーCEOの発言を聞いて、記者は少し驚いた。いじわるな見方をすれば「クラウドシフトをしないパートナーは美味しいご飯は食べられない、つまり、これまでと同様の支援を日本オラクルから受けられない」とも取れる。かなり踏み込んで、パートナーにクラウドシフトを促していると言える。

    素晴らしいかどうかの判断は難しい

     これまで日本オラクルのデータベース(DB)などのミドルウエアを販売していたパートナーにとって、オラクルのクラウドが「非常に素晴らしいディナー」かどうかは、現時点では正直、判断が難しい。

    http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/122700988/

    【オラクルが「素晴らしいディナー」を用意したらしい】の続きを読む

      mixiチェック
    1: Fake News
    私は現在、東京・南青山で「Brift H」(ブリフトアッシュ)という靴磨き店を経営しています。その前は、丸の内や品川で「路上靴磨き」をしていました。

    今から10年以上前の路上靴磨き時代――。

    道行く多くの人が、どんよりと重苦しい雰囲気で歩いていました。しかし、私が靴を磨かせてもらった人たちは、その直後、皆、背筋をシャキッと伸ばして、自信に満ちた様子でスタスタと歩いて行きます。

    その変化を目の当たりにしていた私は、「靴さえ磨けば、皆もっと元気になるはず!」「靴をきれいにするだけで、自信もモチベーションもアップするはず!」。本気でそう思わずにはいられませんでした。現在、お店に通ってくれるお客様の多くは、靴磨きをきっかけに「仕事がうまく回り始めた」「人間関係が円滑になった」「毎日を意欲的に過ごせている!」と嬉しそうに話してくれます。

    では、なぜ「靴磨き」がこんなにも自分を変えてくれるのか――。それは靴磨きこそ、自己管理能力(セルフマネジメント)を最速でアップさせてくれる行為だからです。ここでは、そんな靴磨きの効用をいくつか紹介していきます。

    靴ほど他人に見られているアイテムはない

    まず「靴」ほど、自分が思っているより他人に見られているアイテムはありません。「おしゃれは足元から」なんてよくいわれますが、まさにそのとおりです。「足元」つまり「靴」とは、他人や世間の目を集めるポイントといえます。

    「高価な有名ブランドの靴や、デザイン性の高い靴を履けばいい」というわけではありません。いくら有名ブランドの高級靴を履いていたとしても、もしその靴が薄汚れていたり、踵(かかと)が磨り減っていたりしたらどうでしょう。「せっかくいい靴なのに、手入れを怠っているのだな……」。そんな残念な印象を、周りに与えてしまうはずです。

    反対に、高級な靴ではなかったとしても……。まるで鏡のように、靴の表面がピカピカと光っていたらどうでしょう。しっかり手入れがなされていて、落ち着きのある光沢があったらどうでしょう。靴底が磨り減っておらず、丁寧に履きこなしていたらどうでしょう。少なくとも「だらしない人」と思われることはないはずです。「仕事ぶりも丁寧に違いない」。

    きっとこんなふうに、信頼されやすくなると思います。もちろん、清潔感や誠実な印象もアップするでしょう。私がもっとも伝えたいのは、そんな人生のエッセンスです。「必ず高い靴を履きなさい」という話ではありません。「靴に、少しでいいから手間をかけてみよう」「足元に気を遣って、靴を大切に扱おう」。そんな提案をしていきたいのです。

    きれいな靴を履いている人を見ると、気持ちがいいと感じるものですが、それと同様に、自分の靴がきれいだと自信も湧いてきますし、ちょっぴり幸せな気分になるはずです。不思議ですが、靴がきれいなだけで昨日の嫌な出来事が吹き飛んだり、たとえ気がかりな案件があっても「前向きに立ち向かおう」、そんなポジティブな気持ちになれるものです。とにかく忙しい人でも、自分のきれいな靴が視界に入ったとき、まさか落ち込むことはまずないはず。

    どんな精神状態の人も、きれいな靴でいることで損をすることはないのです。それだけ、きれいな靴にはパワーがあるということでしょう。靴はどれだけ気をつけて行動をしても、チリやホコリをかぶることは避けられません。だからこそ、靴磨きやメンテナンスをすることが大事なのです。そういう意味では、靴磨きも入浴も掃除も洗濯も根底のところは同じです。

    いずれも最初は「ちょっと面倒」と感じることがあるかもしれません。でも、それらを終えたあとには必ず爽快感が訪れます。「わざわざやらなきゃよかった」と後悔する人なんて、いないはずです。

    靴がきれいな人に、スーツがヨレヨレの人はいない
    以下ソース
    http://toyokeizai.net/articles/-/203253

    【「靴磨き」を習慣にデキる人とできない人の差 】の続きを読む

    • カテゴリ:
      mixiチェック
    1: Fake News
    「人に何かを伝える時、筋道を立ててうまく話すことができない……」。そんな悩みを持つ人に、「超整理」シリーズなどで知られる野口悠紀雄氏は、「音声入力で思考の訓練を」と提唱します。今やほとんどの原稿を音声入力で書いているという野口氏が、この方法をすすめる理由とは――。
    「とにかく書き始める」に最適
    私は数年前から、スマートフォンの音声入力機能を用いて原稿を書いています。

    音声入力を用いる大きな理由は、思いついたことを発声すれば、瞬時に、文字列に変換してくれるところにあります。人間の記憶力は弱いので、いい考えを思いついたとしても、すぐに忘れてしまいます。それを記録できるという意味で、音声入力は極めて強力なアシスタントです。

    思いついたことを口に出すのは、いちばん自然で、いちばん簡単な方法ですから、PCのキーボードを用いるよりも、文章にするのが速い。短時間の音声入力でも、PCのテキストエディタに移すと、意外なほど分量が多い文章になっています。

    もっとも、音声入力による文章を原稿にするためにはかなりの編集をしなければなりませんし、事実をチェックするために資料を調べたり、データを分析したりする必要もあります。そうした作業に時間を費やすことになるため、原稿が出来上がるまでに要する時間はそれほど短縮できるわけではありません。

    キーボード入力よりもアイデアが逃げない
    キーボードによる入力と音声入力の大きな違いは、音声入力を使うと文章を書く作業が楽になるところにあります。以前から私は、「文章を書く際に最も重要なのは、とにかくスタートすることだ」と考えており、「全体の構想がまとまらなくても、とにかく書き始める」ことを心がけてきました。しかし、PCに向かってキーボードを打つのでは、書き始めることが決して容易なことではなかったのです。この部分が音声入力によって、楽にできるようになりました。

    メモを簡単に取れるようになったことも重要なポイントです。私は原稿のアイデアが浮かぶとメモ用紙に書いていたのですが、音声入力を使うようになって、メモの効率が飛躍的に向上しました。アイデアが逃げないうちにメモを取れることは大きなメリットで、紙にメモすることはほとんどなくなりました。
    以下ソース
    http://president.jp/articles/-/24132

    【超デキる人は「音声入力」を活用している 】の続きを読む
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
    bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

    このページのトップヘ